研究テーマ

 

福島大学地域スポーツ政策研究所はコミュニティスポーツの開発と実践に関する研究を行います

 

【研究の目的】

スポーツは重要な文化遺産であり、この理由からだけでも振興を受けてしかるべきものだと言うことができます。しかし、それだけには留まりません。スポーツにはそれ以外にもいろいろな重要な機能(健康増進、社会性の育成、地域の一体感や活力の醸成、国際交流等の機能)があり、そのために今日だけでなく、将来ますます重要な意味を持つことになるでしょう。そこで、本研究所では、地域の自主的・主体的取組みを基本としたボトムアップ型のスポーツ政策の在り方について、理論と実践の両面からアプローチしていきたいと考えています。

 

【研究の内容】

さまざまな年齢や立場を超えて、みんなが楽しみながら作り上げるプロセスを重視した、コミュニティスポーツの開発と実践を行います。

② 疾病や障がいのあるひと、社会参加をめざす若者、子育て世代、高齢者、在住外国人など、スポーツや健康にかかわる社会的な支援が十分でない人たちを対象とした、コミュニティスポーツへの参加促進とその支援方策について検討します。